透明人間


10月は私とアシスタント二人の誕生月であったので、それぞれの誕生日に合同で美味しい食事をする、と一粒で二度美味しい月間でした。

この食事の時、メニューの裏側にフランス語の文章がある事に気づきました。ブリアサヴァランと読める!私の好きな美味礼讃の作者です。(この本で私は食べることへの意識が変わった。) なんて書いてあるのかと訊いたら、

「新しい調理法を見つけることは新しい星を見つけるよりも人を幸せにする」

だそうです。

この日は小さなウズラをいただきました。

一つ前の記事のレストランの写真はそのウズラが現れる直前の一コマです。フェイスブックにも数日前に載せました。誰も気づいてらっしゃらないようですが、正面で撮っているはずのカメラマン(私)はドームカバー(クロシュ)に映っていません。


44回の閲覧